ホーム

慰謝料相談と交通事故の解決実績

ホームページを見て、どの弁護士に頼むか決める人は多いらしいですね。

その際にホームページのどんな情報に着目していますか。中にはどんな弁護士が担当するのか、交通事故の慰謝料相談にかかる費用はいくらか気になっている人もいるでしょう。

また、ホームページを訪れるとぜひ見ていただきたいのが、これまでの交通事故の解決実績です。解決実績が多ければそれだけ、ベテランの人が担当してくれる可能性もあります。

交通事故の中でも慰謝料相談というのは特に難しい分野ではないでしょうか。規模が大きい場合には、よく選んで頼りになりそうな人にお願いしたいですね。慣れている人であれば、これまでの経験を活かして業務に取り組んでくれる事でしょう。

交通事故相談を無料で受けるには?

交通事故相談を無料で受けるなら、交通事故問題を専門に扱っている法律事務所、もしくは交通事故問題に強い法律事務所に相談をすることがポイントです。その分野に強い法律事務所のほうが、経験や実績もあり、スムーズに対応してくれますし、サービスも充実していることが多いです。

中には、相談だけなら何度でも無料というところもあります。また、相談のたびに事務所まで行くのは大変ですので、電話やメールでの交通事故相談にも対応しているところがよいでしょう。経験と実績が豊富な事務所ならば安心ができますが、なるべく最初から1社に決めず、複数の事務所に相談をして比較をすることがおすすめです。

交通事故の過失割合に関する相談は交通事故弁護士に

交通事故の被害者となってしまった場合、事故によって負った損害を加害者(または加害者が加入している保険会社)に対して請求します。その際、重要となるものが過失割合です。その事故に対する過失の割合は、その後支払われる損害賠償金に影響します(過失の分だけ相殺されてしまいます)。

この過失割合は事故の状況によっても異なりますが、加害者側の保険会社はなるべく被害者側にも過失を認めさせようとします。もしも過失の割合で相手側の保険会社ともめてしまう場合には、交通事故弁護士に相談することが得策と言えます。交通事故弁護士が事故状況などを調査し、適切な過失の割合を相手側に主張します。

交通事故の賠償金の算出は交通事故弁護士に依頼を

交通事故の被害者となると、事故で負った損害に対する賠償金を自己の加害者に対して請求します。その際、損害賠償金の算出は相手側が加入している保険会社(自賠責保険もしくは任意保険)が行いますが、保険会社は低い計算基準でこれらを計算します。

よって、交通事故における示談交渉は交通事故弁護士に依頼をしたほうが得策です。交通事故を専門とする交通事故弁護士は『弁護士基準』と呼ばれる計算基準を用い慰謝料などを計算します。この計算基準を用いると、保険会社が用いる計算基準よりも算出される金額が高額(最低でも2倍以上)となるため、被害者側にとっては有利な内容で示談することが可能となります。

交通事故弁護士を依頼するのは非常にメリットがあります

現代のように、交通量が増えた時代ですと、交通事故は避けられません。 加害者になっても、また、被害者になっても交通事故というのは嫌なものです。 とはいえ、もし自分が交通事故に直面してしまえば、問題解決のためにアクションを起こさなければなりません。

まずは、当然ながら自分に有利な方向に結論を持っていくことが大事です。 そのためには、交通事故弁護士に依頼するのが最適です。 費用はかかるかもしれませんが、交通事故事案というのは、高度に法律的な判断が求められるものです。 そのためには、法律に詳しくない一般人よりも、法律の専門家である交通事故弁護士に処理を依頼するほうが、はるかにメリットがあるのは間違いありません。

交通事故弁護士とは?

交通事故の慰謝料、賠償金の相談は弁護士へ。交通事故について。

事故後日数が経過していても交通事故慰謝料はもらえる?

交通事故を起こした時、すぐに交通事故慰謝料を請求しなければならないのかというとそうではありません。実は慰謝料請求には時効が定められているのです。基本的に加害者は刑事事件となった際に裁判官の心証を良くしたい、慰謝料を減らしたいために示談を早めに決着してしまおうとする傾向にあります。

逆に、被害者は最初は特に症状が出てなくても、のちのち後遺症が出てくる可能性があるためなるべく示談を長引かせたい傾向にあります。そのため、被害者側はゆっくりと交渉していくべきなのですが、時効が3年と決められています。

ですので、3年以内に決着をつける必要性があるのです。いつから期間を計算していくのかというと状況によってさまざまです。物損事故や人身事故の場合は交通事故発生時から計算します。死亡事故の場合は死亡した日から計算し、後遺障害が残った場合は医者から後遺障害診断書を作成した貰った日からになります。3年を逃すと今後請求することができなくなりますので注意しましょう。前述したように、刑事事件の場合は加害者は示談を急ぎますが、刑事事件ではない場合は特に示談を急ぐことはありません。そのまま交渉がうまくいかずに3年経過してしまうと問題なのでその際は裁判所の手を借りましょう。このように、交通事故慰謝料の請求には日数が重要なのです。

交通事故慰謝料の金額は事故の大きさによって変化する!

交通事故の、被害者の多さや、巻き込まれた車両の多さなどといった、被害の規模の大きさによって、当然交通事故慰謝料の金額も変わってきます。 交通事故慰謝料には、怪我が完治した場合の入通院慰謝料や、怪我の治療の甲斐なく後遺症が残ってしまった場合の後遺障害慰謝料、被害者が死亡してしまった場合の死亡慰謝料などがあり、被害者の受けた被害の大きさによって、金額は増えていくことになります。

被害が大きくなれば、その分だけ被害者が被る精神的な苦痛は大きくなる訳ですから、当然のことといえば当然のこととなります。 被害者の精神的な苦痛を、お金で補うという行為に違和感を感じるかもしれませんが、加害者本人が被害者のもとに出向いて謝罪の気持ちを示しても、そう簡単に被害者の精神的な苦痛が癒されるわけではありませんし、かえって被害者の気持ちを混乱させて、逆効果になってしまうことすらあります。

そのため、精神的な苦痛を交通事故慰謝料という形でお金で換算するということは、これまで交通事故に限らず、様々な問題を解決してきた、合理的な行為ということになります。 とはいっても、被害者に対して謝罪の気持ちを、上手く伝えることが重要になることに変わりはありません。

むちうちの慰謝料に関する相場を知りたいのならまずは弁護士にご相談ください。

遺言書作成には見本がほしい

多くの方が、見本を使って書いていることも多いので、見本を見ながら記述できる状態が望ましいです。遺言書作成の場合は、依頼を出せば見本を用意してくれる場合もあります。またネットを使える環境であれば、ネットを見ながらしっかりと記述をしていればいいのです。

多くの情報が書けるようになれば、1回でもしっかり成功する遺言書を記載できるのです。様々な問題点をしっかり解決しつつ、なるべく見た目のいい遺言書を作ってください。見本を見ていれば、大体変えればいいと考えられる要素がわかるので、失敗する可能性がほぼなくなります。

弁護士へ相談できる相続手続き

遺産の相続手続きが発生した場合において、残された家族の間でスムーズに解決させるには困難な事柄も多いものです。どうしてもトラブルへと発展しがちな問題について、速やかな対処を目指すためには、弁護士への相談も有効的に活用されています。

相談業務が無料で取り扱われている機関も多く、法律に沿った解決策を求めたい時などにおいて、頼りになる存在でもあります。内容や状況によっては、公証役場や裁判所が介入しなければならないケースもあり、正しい知識や情報を取り入れながら、的確な対処方法を進めることが問題解決のためにも重要となるでしょう。