ホーム

慰謝料相談と交通事故の解決実績

ホームページを見て、どの弁護士に頼むか決める人は多いらしいですね。

その際にホームページのどんな情報に着目していますか。中にはどんな弁護士が担当するのか、交通事故の慰謝料相談にかかる費用はいくらか気になっている人もいるでしょう。

また、ホームページを訪れるとぜひ見ていただきたいのが、これまでの交通事故の解決実績です。解決実績が多ければそれだけ、ベテランの人が担当してくれる可能性もあります。

交通事故の中でも慰謝料相談というのは特に難しい分野ではないでしょうか。規模が大きい場合には、よく選んで頼りになりそうな人にお願いしたいですね。慣れている人であれば、これまでの経験を活かして業務に取り組んでくれる事でしょう。

交通事故相談を無料で受けるには?

交通事故相談を無料で受けるなら、交通事故問題を専門に扱っている法律事務所、もしくは交通事故問題に強い法律事務所に相談をすることがポイントです。その分野に強い法律事務所のほうが、経験や実績もあり、スムーズに対応してくれますし、サービスも充実していることが多いです。

中には、相談だけなら何度でも無料というところもあります。また、相談のたびに事務所まで行くのは大変ですので、電話やメールでの相談にも対応しているところがよいでしょう。経験と実績が豊富な事務所ならば安心ができますが、なるべく最初から1社に決めず、複数の事務所に相談をして比較をすることがおすすめです。

交通事故の過失割合に関する相談は交通事故弁護士に

交通事故の被害者となってしまった場合、事故によって負った損害を加害者(または加害者が加入している保険会社)に対して請求します。その際、重要となるものが過失割合です。その事故に対する過失の割合は、その後支払われる損害賠償金に影響します(過失の分だけ相殺されてしまいます)。

この過失割合は事故の状況によっても異なりますが、加害者側の保険会社はなるべく被害者側にも過失を認めさせようとします。もしも過失の割合で相手側の保険会社ともめてしまう場合には、交通事故弁護士に相談することが得策と言えます。交通事故弁護士が事故状況などを調査し、適切な過失の割合を相手側に主張します。

交通事故の賠償金の算出は交通事故弁護士に依頼を

交通事故の被害者となると、事故で負った損害に対する賠償金を自己の加害者に対して請求します。その際、損害賠償金の算出は相手側が加入している保険会社(自賠責保険もしくは任意保険)が行いますが、保険会社は低い計算基準でこれらを計算します。

よって、交通事故における示談交渉は交通事故弁護士に依頼をしたほうが得策です。交通事故を専門とする交通事故弁護士は『弁護士基準』と呼ばれる計算基準を用い慰謝料などを計算します。この計算基準を用いると、保険会社が用いる計算基準よりも算出される金額が高額(最低でも2倍以上)となるため、被害者側にとっては有利な内容で示談することが可能となります。

交通事故弁護士を依頼するのは非常にメリットがあります

現代のように、交通量が増えた時代ですと、交通事故は避けられません。 加害者になっても、また、被害者になっても交通事故というのは嫌なものです。 とはいえ、もし自分が交通事故に直面してしまえば、問題解決のためにアクションを起こさなければなりません。

まずは、当然ながら自分に有利な方向に結論を持っていくことが大事です。 そのためには、交通事故弁護士に依頼するのが最適です。 費用はかかるかもしれませんが、交通事故事案というのは、高度に法律的な判断が求められるものです。 そのためには、法律に詳しくない一般人よりも、法律の専門家である交通事故弁護士に処理を依頼するほうが、はるかにメリットがあるのは間違いありません。

交通事故弁護士とは?

交通事故の慰謝料、賠償金の相談は弁護士へ。交通事故について。