カテゴリー

交通事故実用サイト

交通事故の慰謝料や賠償金で納得いかない場合は弁護士に相談しましょう。相場がわかります。

貴重サイトリンク集

TOP > 交通事故相談 > 一番良い交通事故相談の方法

一番良い交通事故相談の方法

一番良い交通事故相談の方法としては、まず事故直後に警察に連絡を取ることです。警察は現場へ来てくれると事故の詳しい調査や、事故検分をしてくれます。ここでは、正直に警察に話をする必要があります。警察との相談が終わったら、次に契約している保険会社に連絡を取ることです。

保険会社によっては事故後の支払いも含めて一切を代行してくれる保険会社があるので、保険会社を選択するときによく契約内容を調べておく必要があります。事故の相手と交渉する必要があるときは、保険会社は相手とのやりとりもすべて行ってくれる保険会社があります。

交通事故を起こしてしまったときの交通事故相談

交通事故を起こしてしまったら、誰もが動揺してしまうのではないでしょうか。そのため、車やバイクを運転する方のほとんどは、任意保険に加入しているといわれています。交通事故相談は、加入している任意保険会社へ連絡することで、適切な対処方法をその場で教えてくれます。

しかし、任意保険に加入しない、事故に巻き込まれてしまい、自分の任意保険を使いたくないと考える場合もあるかと思います。そういったとき、どこに相談をすればいいのか迷ってしまいます。まずは相談したい場合、各都道府県に相談所が設置されており、解決のサポートをしてくれます。解決のためには、中立的な立場の交通事故弁護士に任せられます。

交通事故慰謝料相談に関する記事

交通事故相談に関して

交通事故相談は主に事故による負担金の割合が納得いかないことなどがメインになってくるのではないでしょうか。示談のしかた、訴訟・調停の仕方、賠償額の算定、自賠責保険等の利用・請求のしかたなどの細かい内容も相談所にいけば、詳しく教えてくれます。

自賠責保険は加入が必須になっていますが、さらに任意保険を加入することもあり、負担金の割合も交渉をしてくれるケースがほとんどです。

任意保険に加入していなければ自分が手続きを行うことがあるので、交通事故相談所を使うことが必要になってきてしまいます。相談料も無料のところもありますので、事前に確認されてもよいでしょう。

メニュー

TOP    交通事故慰謝料    交通事故弁護士    交通事故    交通事故相談    むちうち慰謝料相場    交通事故慰謝料事例

万が一のときに頼れる交通事故相談

事故にあった時、どちらの立場になるのかによって対応も変わります。加害者になった時、被害者になった時の対応で悩んでしまう方も多いでしょう。例えば、赤信号を無視した自転車との接触の場合はどちらが加害者になるのか疑問です。

赤信号を渡ってきた相手側にも責任はありますが、自動車と自転車の場合怪我をするのは自転車側なのです。そのため相手側に怪我をさせたということで、必ずしも被害者と言い切れるわけではないのです。

そのような混乱を避けるためにも事故には割合で過失が課せられます。そこで損をしないためにも交通事故相談できる強い味方がいると、万が一事故にあった時でも安心です。