交通事故慰謝料が増額する事例

不運にも事故にあってしまった場合、双方加入の保険会社を通じ交渉を進めることとなりますが、こちらの希望額より少ない場合もあります。交通事故慰謝料に納得がいかない場合は、早めに交通事故弁護士へ依頼をしましょう。

示談交渉はもちろん、事故が原因で後遺症が残ってしまった場合は、後遺症障害認定取得のサポートもしてもらえます。後遺症申請が通ったことにより、交通事故慰謝料が増額できたという事例もあります。反対に加害者側になってしまった場合でも、交通事故に関する依頼ができます。ドライブレコーダーの映像などがあると交渉も有利に進められますので、事故を起こしたからといってパニックにならず、落ち着いて行動しましょう。

加害者が破産したら交通事故慰謝料はとれないのか?過去の事例は?

気分が交通事故の被害者になった場合は、相手に対して、交通事故慰謝料請求をすることができます。交通事故慰謝料請求は、大きく分けて2種類あり通院や入院に対する慰謝料請求と、後遺障害に対する慰謝料請求です。ですが、相手が自己破産したら交通事故慰謝料請求は取れないのでしょうか。

過去の事例はどのようになっているでしょうか。 これは両方の立場から考えると分かりやすいですが、まず慰謝料請求をする方としては、被害者として当然の権利です。これは守らなければならないものではないでしょうか。ただし、被害者が意図的にぶつかってきた場合、例えば当たり屋などの場合はまず認めることはないでしょう。

一方これに対して自己破産をしている場合は、たいてい任意保険に入っておらず自賠責保険だけで支払おうとする場合です。この場合であれば、支払えなくてもやむを得ないう場面でもあります。

任意保険に入っていないのだから当然慰謝料を払うべきと思われるかもしれませんが、任意保険はあくまで義務ではりませんので、任意保険に入っていないからと言って免責されないということはありません。ですが、過去の事例では、交通事故の原因に重過失や故意があった場合は免責されないため、慰謝料請求ができると結論が出ています。

交通事故慰謝料を請求する方法”被害者請求”とその事例とは

 交通事故慰謝料は、一般的には示談成立後に支払われます。示談が成立するのは、交通事故から相当時間が経過したあとです。被害額を確定することができて、初めて示談交渉できる状態となるため、長きにわたる治療期間中、被害者は交通事故被害に遭ったために必要になってしまったさまざまな出費を自費で賄い続けることになります。

しかし、交通事故被害者に最低限の補償をするために、強制加入となっている自賠責保険からは、いつでも給付が受けられます。そのため、被害者は被害額が確定していなくても、交通事故慰謝料や休業損害への補償金などを随時受け取ることができます。

 ただ、そうするには請求手続きが必要です。加害者が任意保険に加入していると、任意保険会社が自賠責保険への請求手続きを含めて、すべての事務手続きをおこないます。

しかし、それだと自賠責保険からの給付金を、随時被害者が受け取るということは難しいので、被害者は自賠責の被害者請求をすることが望まれます。交通事故当初から、そうしている事例もありますし、任意保険会社から症状固定を迫られ、治療費支払いの打ち切りがなされた段階で、自賠責の被害者請求に切り替えるという事例もあります。

交通事故慰謝料の事例で金銭面のトラブルは変わる

金銭トラブルが起こりやすいとされる交通事故慰謝料は、納得できる金額が提示されていないことで、もっと増やせるだろう、減らしてほしいなどの影響が多くなっているのです。

このような問題については、解消するのがかなり難しいとされていますが、実際に相談を行っていけばかなり安心できる場合もあります。相談しやすいように変わってくれるのが何よりも大事になっているので、相談の環境をしっかり作るようにしてください。交通事故慰謝料の事例さえわかっていれば、相談しやすい環境はすぐにでも作られて、本来の金額が把握できます。

交通事故慰謝料の事例、交通事故相談なら

法律事務所、弁護士法人リーガルプラス千葉、茨城、東京

市川法律事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階
JR本八幡駅北口より徒歩1分

船橋・津田沼法律事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室
JR津田沼駅北口徒歩1分

千葉法律事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A
JR千葉駅(中央改札口)東口 徒歩3分

成田法律事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階
京成成田駅東口より徒歩5分

東京法律事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室
東京メトロ銀座線 日本橋駅より徒歩1分

かしま法律事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1
JR鹿島神宮駅から徒歩27分
JR鹿島神宮駅からタクシーをご利用の場合は10分

https://legalplus.jp/

交通事故弁護士に関する記事