カテゴリー

交通事故実用サイト

交通事故の慰謝料や賠償金で納得いかない場合は弁護士に相談しましょう。相場がわかります。

貴重サイトリンク集

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料事例 > 交通事故慰謝料の事例をもとに

交通事故慰謝料の事例をもとに

交通事故慰謝料の請求において大事なのはどういった例があったのかということを知っておくことです。弁護士に依頼しなくても自分でこういった事例があった、ああいった事例があったということを調べてまとめておくことによってより交渉がしやすいですし、もし弁護士さんに依頼することになっても自分にとって本当にその交渉がいい結果をもたらすのかどうか判断しやすくなります。弁護士さんは専門家ですし、頼りになる存在であるのは間違いないのですが最近では悪徳法律事務所などもありますので自分で判断できる知識を持っておくのは大切です。

交通事故弁護士に関する記事

交通事故慰謝料受取まで

交通事故被害にあった場合、交通事故慰謝料の請求が可能です。ただ、実際に請求するとなっても、多くの手続きが必要になり、法律等の知識がなければ誰に、どうやって請求するのか、すべてを理解している人ってなかなかいないでしょう。

そんな時は保険会社に任せてしまうことが一番です。なんといっても交通事故慰謝料のプロですから、素人は口出しせずに必要と言われた手続きをしっかり行いましょう。

もちろん前提として、事故にあった、その時にはきちんと警察へ連絡を行ったうえで交通事故の証明をしてもらいます。その場で示談等、当人同士での話し合いで済ませてしまった事例では保険会社は何もできません。

損害保険だけではなく交通事故慰謝料にも注意

交通事故を起こすと相手のケガの治療費だけではなく、慰謝料を請求される事例があります。この交通事故の慰謝料というものは、迷惑をかけた相手に対するお詫びとして支払うことが多く、怪我によって仕事を休職したり、子供の面倒を見ることが出来なくなったり、逆に色々な人に世話をしてもらったりと、怪我をさせてしまうことによって怪我の治療費だけではすまない、そうしたとき、休職した場合の仕事の穴埋めであったり、子供の面倒をみるためにベビーシッターを頼んだりと損害保険と別に相手には多くの支出がふえることとなります。

そういったものを賄うために、交通事故被害者に渡したり、被害者が請求してくるものを交通事故慰謝料と言います。

被害者になった時の交通事故慰謝料

交通事故の被害者になった時、知っておいた方がいい事があります。はじめて被害者になると、何をどうするのだろうとなります。大体は加害者の保険会社から連絡があり、通院や入院、収入の保障等の交通事故慰謝料の話になります。

保険会社が提示してくる過失割合にのるか、のらないか…自分の思っているのと合わない場合、なかなか示談にならず交通事故慰謝料が入らないです。ここで自分の任意保険を確認してみましょう。

オプションで弁護士費用をつけていたら、使う事をオススメします。自分で直に話すと、知らなかった事が多すぎてとても損をします。大阪弁護士会など自分の住んでいる弁護士会に相談するなどすると、後で後悔せずにすみます。

メニュー

TOP    交通事故慰謝料    交通事故弁護士    交通事故    交通事故相談    むちうち慰謝料相場    交通事故慰謝料事例