TOP > むちうち慰謝料相場 > 相場も意識したいむちうち慰謝料

相場も意識したいむちうち慰謝料

むちうち慰謝料については広く認識されていないという実態も存在しており、交通事故の被害者にとって、慰謝料請求の際に意識しておきたい事柄でもあります。加害者からの慰謝料提示が相場に合ったものかどうか判断したい場合などにおいて、弁護士へ相談されることも多く、法律上としての適切な対処が可能となります。

目の前に起こっている問題をスムーズに解決させるためにも、正しい情報や判断を取り入れながら対応することで、問題に対するストレスが素早く解消させられます。無料相談などを行っている法律事務所も多く、気軽に相談できます。

むちうち慰謝料の相場は結構高い

交通事故で怪我を負ってしまい、外傷がなくわかりにくいのがむちうちです。単にむちうちを患ってと加害者側に訴えたとしても、中々受け入れてもらえないのが現状です。その場合、必ず弁護士を立ててから交渉するようにしましょう。

また、むちうち慰謝料の相場としては、外傷では判断が難しいため、精神的な苦痛をどれだけ受けたかによって決まります。入院の有無や通院を何日したかによっても変わってきます。ただし、しっかりとした証拠や書類を提出しなければ、受理されませんので注意しましょう。しっかりとした専門機関に頼むことも必要です。

あらかじめ知っておこう!むちうち慰謝料の相場

交通事故にてむちうちになってしまった場合は、むちうち慰謝料の請求が可能です。請求できる項目としては、治療費と通院費、入院をした場合は入院費、診断書の作成料金、休業損害、後遺症障害慰謝料、後遺障害逸失利益などです。

うちうち慰謝料の場合、任意保険基準の慰謝料は、入院無し・通院6ヶ月の場合642,000円で、入院1日月通院6ヶ月の場合832,000円です。もちろん長い期間通院や入院をしているほど高額請求が可能です。

また、裁判所基準の慰謝料の相場は入院無し・通院6ヶ月の場合890、000円、入院1ヶ月通院6ヶ月の場合、1、130,000円で、任意保険基準よりも高額になります。

裁判所基準におけるむちうち慰謝料の相場

交通事故でよく起こる症状がむちうちです。これは衝突時の衝撃によって、主に首がダメージを受ける障害ですが、通常、むちうち慰謝料として治療費や通院費、さらに入院した場合は入院費を請求できます。

弁護士を通さずに任意保険基準で請求すると、例えば通院のみ半年間なら60万円前後、それに入院1か月が加わると、80万円前後が相場になります。一方、弁護士に依頼して裁判所基準で慰謝料請求を行った場合は、一例を挙げると通院半年間で89万円前後、さらに入院1か月が加わった場合は、110万円前後のむちうち慰謝料が相場です。

むちうち慰謝料や相場に関する相談

交通事故の被害に遭ってしまった場合など、状況や症状によって、加害者へむちうち慰謝料を請求することも可能とされています。両者の間に保険会社が介入することによって、お互いの意見や主張が交わされながら慰謝料内容の決定や示談交渉が進められます。

提示された慰謝料金額が相場かどうか判断できない場合などにおいては、弁護士へ相談されるケースも多く見受けられます。法律通りの適切な対応が求められる場合などにおいて、的確なアドバイスや情報収集が可能となり、個人的に対応できない問題についても速やかな解決を目指すことができます。

むちうち慰謝料相場に関する記事

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故 交通事故相談 むちうち慰謝料相場 交通事故慰謝料事例