カテゴリー

交通事故実用サイト

交通事故の慰謝料や賠償金で納得いかない場合は弁護士に相談しましょう。相場がわかります。

貴重サイトリンク集

相続手続き

注意しながら相続手続きを行ったとしても、思いがけない所から相続トラブルになる事もあるみたいですね。トラブルが発生すると後戻りできませんので、事前に弁護士相談をするというのが賢い選択となる場合もあるでしょう。

また、もっと注意深くしたいのであれば、相続をする時点ではなくて、生前に遺言書作成を弁護士に依頼しておくなどして、対策を行っておくと、いいでしょう。

確かに弁護士相談はお金もかかりますが、相続トラブルで家族が離れてしまう事を考えると、高額とは言えない事もあるでしょう。弁護士なしであれば、家族に対していいたい事を言ってしまうという事もあるかと思いますが、弁護士を相手に相続の話をするのであれば、やはり冷静になれる事もあるかと思います。

相続手続きの財産放棄とは

相続手続きは、種類が多く一体何から手をつけたら良いかわからない場合があります。その中でも、一般的に3ヶ月以内とされている財産放棄手続きは、注意しておきたいものです。財産を相続する場合は生前の借金まで背負うことになり、多額の借金を支払っていかなければならないこともあります。

もし3ヶ月を過ぎ段階で、多額の借金がわかった場合などは、弁護士や司法書士が行っている相続手続き相談を利用してみましょう。また放棄しようか悩んでいる人も相談できます。大阪でも相続に関する専門家の相談所がありますので、相続全般の手続きについて相談できます。

相続手続きに関する記事

相続手続きで家庭によって異なる弁護士以外の依頼先

相続手続きについて相談する場合は、その相談内容によって窓口が変わってきます。必要な手続きについて知りたいのであれば、ある程度インターネットでも情報を得ることができますし、専門家も相続相談をおこなっているケースが多いです。

ですが相続放棄や、遺留分について、少し複雑な事情を抱えている場合は、司法書士や弁護士事務所へ相談してみると良いでしょう。また依頼するとなった場合は、事務所ごとで依頼費用がちがうため、しっかり確認しておくと良いでしょう。親族間で紛争になりかねない場合は弁護士しか頼れませんが、不動産名義の変更や、裁判所へ提出する相続放棄については司法書士も対応可能です。

遺産相続手続きの流れ

遺産相続手続きというのは、大まかな流れがあります。最初にするべき事は、死亡届の提出です。次に、遺言書の有無を確認した後、法定相続人を確定して、相続財産の調査を行います。それを済ませたら、3ヶ月以内に承認と相続放棄の手続きです。次に準確定申告です。

これは4ヶ月以内に行います。これらを終えたら、遺産分割の協議をし、協議書を作成しましょう。この後に、遺産の分配をし、各種の名義変更などもしていきます。最後に、相続税を申告し、税金を納付します。これは相続開始を知った翌日から10ヶ月以内に済ませます。以上が、手続きの大まかな流れになります。

遺産相続手続きで注意すること

遺産相続は、親族が亡くなった場合に、その家族が、残された財産を譲り受けることをいい、前者を被相続人、後者を相続人と呼びます。被相続人の死亡と同時に発生するものであり、民法で遺産の分け合い方や相続順などは細かく決まっていて、その大部分の手続は自分で行う必要があります。

しかし、遺産相続手続きの書類提出などは経験することがほとんどないため、難しい作業となる可能性があります。また、特定の相続人に遺産が多い、遺言書に納得することができない、といった不満や悩みがある場合も出てきますから、この問題については、弁護士に相談することで解決させると考える人も多いです。

遺産相続手続きに関しての法律対応について

遺産相続手続きと聞くと弁護士だけにも思えますが、弁護士だけでなく他の法律家でも対応することができます。弁護士の他に行政書士や司法書士などの法律家においても、相続の内容によっては手続きの対応が可能になります。

遺産分割協議の開催や書類などの作成は対応できますが、不動産の名義の変更などにおいては行政書士では対応することができません。そうしたことを考慮して、行政書士や司法書士なども交えて考えてみる必要があるでしょう。法律事務所によって、そのような法律家がそれぞれ所属するような法律事務所も存在していますので、依頼先を悩まれているのであれば、そのような場所に依頼しても良いでしょう。

相続人なら行う相続手続き

遺産を相続するにあたっては、他にもいる相続人と話し合いで進めていくこととなります。相続手続きに関してはさまざまな内容のものが含まれていますので、しっかりと撮り逃しのないようにおこなっていくのであれば、弁護士などのプロフェッショナルのサポートを得た方が良いでしょう。

法律事務所によっては、このような遺産相続を専門にしている人も多くありますので、しっかりとしたサポートを得ることができるでしょう。法律事務所によってはさまざまな法律家が所属していますので、さまざまな角度からサポートを得ることができるでしょう。

多くの人が経験している相続手続き

故人が亡くなってしまってから多くの人が経験している相続手続きは、さまざまな遺産内容を話し合うこととなります。遺産の大小に関わらず遺産のトラブルに発展してしまっているようですので、万が一の際に備えておく事は大切なことでしょう。

遺産相続に詳しい弁護士などに依頼できれば、その場を円滑に進めるようなことも可能になるかも知れません。法定まで持ち越されてしまいますと、余計なお金や時間などがかかってしまいますので、そのことをできる限り回避するのが賢明でしょう。このような相続手続きがスムーズに進めると良いですね。

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故 交通事故相談 むちうち慰謝料相場 交通事故慰謝料事例