実用サイトリンク集1

家族が交通事故の慰謝料相談を行う
当事者ではなく、交通事故に遭った人の家族が弁護士などに慰謝料相談を行う事もある様です。

本人が入院していたり、怪我で療養している間などは、あまり自由に外出したりする事は難しいかと思います。その場合に家族が本人の代わりに慰謝料相談を進めておくという事もある様です。

しかし、弁護士から交通事故に関する詳しい事を聞かれた場合などは、本人でないと分からない事もあるかと思います。時には本人に連絡を取る事が求められる場合などもあるでしょう。

家族が相談を持ちかけるというのは、本人の回復を待つ事なく、すぐに交通事故慰謝料の話を進める事ができるというのは大きなメリットでしょう。

交通事故慰謝料の事例を調べて参考にする

交通事故慰謝料をどれだけ増額できるかという問題は、過去の事例を調べることで参考になります。正確な金額を出すためには、個別に相談をしてみないとわかりませんが、インターネットで過去の事例を調べることで、ある程度の予想はつくかもしれません。

弁護士に相談をすることで、200万円の損害賠償を800万円に増やせたという例も紹介されています。慰謝料は損害賠償のうちの1つにすぎないですが、トータルでどのくらい金額を増やせるのかということが重要です。治療費や交通費、入院費、休業損害などもすべてひっくるめて慰謝料と呼ぶこともありますが、一般的には慰謝料は精神的な損害のことを指します。

むちうちの交通事故慰謝料を弁護士に増額してもらおう

慰謝料の請求には3つの基準があります。一つ目は、自賠責基準。二つ目は、任意保険基準。三つ目は、弁護士基準です。多くの方が自賠責基準や任意保険基準を使って請求することがよくありますが、貰える金額を考えるとあまりいい手ではありません。

よりたくさんの交通事故慰謝料を手に入れるのであれば、弁護士を雇うことをおすすめします。弁護士を頼むと依頼料がかさむからあまり頼みたくないという人もいるでしょう。しかし、貰える金額には保険基準の数倍の差がありますので、依頼をしたとしても料金はその分で支払えることが多いです。ですので、むちうちの際は弁護士にお願いしましょう。

むちうちの交通事故慰謝料で多く慰謝料を貰う方法

交通事故でむちうちとなり、事故を起した相手に対して交通事故慰謝料を請求するとき、いくつかの慰謝料の計算方法があります。種類としては自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準の3つがあります。自賠責基準はその名の通り自賠責保険の支払いに用いられます。

任意保険基準は任意保険会社が示談交渉を行うときに用いられます。そして慰謝料請求でもっとも慰謝料額が多くなる計算方法が弁護士基準です。この基準方法は弁護士が相手と示談交渉での場面や裁判に用いられます。そのため慰謝料を多く得たい場合は弁護士の人に相談し依頼するのが1番最適な方法となります。

むちうちの時に交通事故慰謝料が納得いかない場合

自家用車を運転しているときに、突然後ろから追突されて、むちうちの症状に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この症状は、検査でもわからない場合も多いため、本人だけが辛い思いをします。辛い症状にも関わらず、相手の保険会社から提示された保険金が少ないと思う事もあります。

交通事故慰謝料は、保険会社の基準と弁護士基準というのがあることを知っていますか。ですので、保険会社からの慰謝料に納得がいかない場合は、交通事故に強い弁護士に相談してみましょう。一般的には、弁護士基準のほうが金額は高いので、少しでも苦しみから逃れることが出来ます。

交通事故慰謝料相談に関する記事