TOP > 交通事故弁護士 > 交通事故弁護士が割り出す慰謝料の基準

交通事故弁護士が割り出す慰謝料の基準

交通事故に遭って慰謝料が発生するのは被害者が通院や入院が必要な怪我を負った場合や、治療の結果後遺症が残ってしまった場合、そして被害者が不幸にも亡くなってしまった場合です。 慰謝料は精神的苦痛という漠然とした対象をお金に換算するため前もって、ある程度の基準が定められています。

慰謝料を含めた示談金は加害者が加入している保険会社が提示してきますが、示談金に納得できない場合は交通事故弁護士に裁判の基準で慰謝料を割り出して保険会社のスタッフと交渉してもらうことによって妥当な示談金で合意に至ることができるようになります。

交通事故弁護士に後遺症の相談をすることで得られる利点

交通事故弁護士は医者ではありませんので、怪我に関しての治療はしてもらえません。しかし、法律的な助言をもらうことができます。例えば、交通事故のけがにより後遺症が生じてしまった場合、相手方に金銭的な請求をすることになりますが、そのために必要なことを相談したり、勝てる見込みを聞いたりすることができます。

最初から相談をしておけば、もし示談交渉を頼んだり、訴訟をお願いしたりする場合であっても円滑に事が運びます。良くないのは、遅めに相談をしに行くことです。できるだけ早く相談したほうが良いのは、医者に相談することと同じです。

交通事故弁護士に後遺症のことで相談できること

交通事故弁護士は、意思ではありませんので、後遺症に関して治療のアドバイスをもらうこと、はできません。しかし、交通事故の法的な知識は豊富であるため、法的なアドバイスを受けることができます。

交通事故の被害者は、自己の権利を侵害されています。後遺症もその一つです。そして、日本の民法は、こういった場合に相手方に損害賠償を請求できると定めています。交通事故弁護士は、依頼者の代わりに示談交渉や訴訟活動を行ってくれますし、具体的にどのくらいの請求ができるのか、確率はどれくらいかといった相談をすることができます。

交通事故弁護士への相談は後遺症が固定されてから

交通事故弁護士への相談を行うタイミングは、被害者の後遺症が固定されてからになります。これは、症状固定と呼ばれる症状であり、この症状にならないと後遺障害に伴う等級認定を受けることができないからです。

等級認定は、症状固定の程度によって14等級に分類されており、医師から診断されるまでは後遺障害と独断で判断するのはできません。被害者自身が重いケガであると考えているかどうかは関係なく、あくまでも客観的な医師の診断が必要になることを覚えておくことです。後遺障害に認定されると通常の数倍以上の慰謝料を請求できます。

交通事故の後遺症のことで交通事故弁護士を利用するメリット

交通事故弁護士は、交通事故に関する法的知識や実務経験にたけています。そのため、後遺障害が生じたという被害者が、加害者に対して何らかの請求をしたいと考えている時に、相談することで、具体的な解決策を考えてくれます。

後は、必要に応じて仕事を依頼したり自分で行動したり対処していくことになりますが、いずれにせよ専門家からの正確な意見を参考にすることができるというメリットがあります。法律トラブルに関しては、放置しても良い方向に向かう可能性は有りませんので、もし後遺症のことで相手に何らかの請求をしたいのなら、初めに相談しましょう。

交通事故弁護士は頼れる存在

悲しいことに交通事故で被害に遭った場合、頼れるのは交通事故弁護士です。保険会社は、加入している保険の内容に従って事務的に手続きを進めることしかしません。加害者の加入する保険会社と交渉したり、間に入ってくれる訳でもありません。

交通事故弁護士は、交通事故案件に特化した弁護士です。一般的な弁護士だと様々な案件に対応するので、実績が少ないものです。さらに弁護士は、弁護士基準で慰謝料、損害賠償を計算します。保険会社の基準と異なり、増額されることがほとんどです。必要書類の収集、手続きの代行を全てやってくれるので、治療に専念しなければならない場合も楽になるでしょう。

交通事故弁護士に関する記事

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故 交通事故相談 むちうち慰謝料相場 交通事故慰謝料事例