カテゴリー

交通事故実用サイト

交通事故の慰謝料や賠償金で納得いかない場合は弁護士に相談しましょう。相場がわかります。

貴重サイトリンク集

TOP > 交通事故相談 > いざというときの交通事故相談

いざというときの交通事故相談

普段から、車を運転する人からすれば、必ず交通事故の対処法は知っておかなければなりません。対車輌や、歩行者相手が居る場合や、対物など、相手のいない単独事故。交通事故相談は、加入の車両保険などに付帯している事も多く、まずは自分の入っている保険の確認が必要です。

交通事故を起こしてからだと混乱してしまって、冷静な対処が出来なくなったり、せっかく交通事故相談の付帯している保険に入っていても、連絡先が解らないと言うことにもなり得ません。どんなに安全に運転していても、巻き込まれたら必ず頼れる相談相手がいてほしいものです。

交通事故のトラブルは交通事故相談所へ

交通事故で生じたさまざまな問題を、専門的に相談できる機関のことを、交通事故相談所と言います。そこでは、専門の交通事故相談員による相談業務を実施しているところです。主に都道府県の警察本部や所轄の警察署、市区町村の役所窓口でおこなっています。

そこでは、自動車賠償責任保険などの請求方法、損害賠償額の計算方法、示談の進め方、生活相談などが相談できます。交通事故の相談方法は面談のほかにも、電話、郵便による相談にも応じてくれます。事故の当事者である本人はもちろん、家族、雇主、知人など、本人以外でも相談することができます。

交通事故慰謝料相談に関する記事

交通事故相談する場所を考えておく

今の日本で交通事故は、小さい事故も含めれば、ありふれているといえるほど、よく起きています。「もらい事故」という言葉もあるように、注意深く運転するだけでは、どうにもならない場合もあります。交通事故相談する場所を、日頃から考えておくことが、万が一の事態への備えにもなるのではないでしょうか。

まず、よく言われているように、最初は警察に連絡するということです。警察は仕事として記録を残してくれます。2番目は保険会社です。小さい事故だと交通事故相談をするのをためらう方もいるかもしれませんが、保険を使わなければ料金はかからないはずです。

メニュー

TOP    交通事故慰謝料    交通事故弁護士    交通事故    交通事故相談    むちうち慰謝料相場    交通事故慰謝料事例

不安に感じた時のための交通事故相談

交通事故数が上昇している世の中で、気を付けて運転をしているつもりでも、いつ自分が被害者や加害者になるかわかりません。突然の事故だと、1人では事故の処理がスムーズにいかないことも多い上、不安や心配で悩まされてしまうと思います。

そんな時、弁護士だけでなく各県でも公務員が交通事故相談を受け付けているので利用出来ます。公務員は、所定講習を修了した交通事故損害賠償実務に携わっていた方が担当します。

個人情報も厳守で少しでも負担が軽減できるよう助言をくれます。自分が被害者、加害者になってしまった時、少しでも安心出来てトラブルのない様に事故処理が出来ると良いです。